第16回:フィールド活動(ラウンダー活動)の分類 | 株式会社mitoriz | つながりが、人に潤いをもたらす未来へ。

mitoriz

  • TOP
  • BLOG
  • 第16回:フィールド...

BLOG

2016/12/13

第16回:フィールド活動(ラウンダー活動)の分類

第16回:フィールド活動(ラウンダー活動)の分類

前回まで、4回にわたって「フィールド活動(ラウンダー活動)をさらに強化するために見直すべきポイント」についてお伝えしてきました。 今回はフィールド活動(ラウンダー活動)の分類についてお伝えいたします。

フィールド活動(ラウンダー活動)を“活動目的”という観点からみると、大きく4つに分類できます。そして、ひとつひとつの店頭活動は必ずこの4分類のいずれかに属することになります。

  • ①調査活動・・・ 店頭状況把握のため実施する活動のこと。 店舗側のメリットがあまりなく、覆面で活動することも可能。
  • ②基本活動・・・ 店頭情報収集に加えて、店頭メンテ、発注促進、情報提供活動も一緒 に行う活動のこと。店舗との信頼関係を構築するためには有効。
  • ③店舗商談・売場拡大・・・ 顧客接点を増やすために、売場拡大の交渉を行うこと。
  • ④店頭構築・・・ ③で交渉が成立した売場を確実に構築すること。

棚卸された活動を4つの分類に整理すると下記の図のようになります。 また、業務範囲を決める際には、営業担当の役割を整理してから決める必要があります。

フィールド活動項目レベルでの業務分類

木名瀬 博のフィールド虎の巻

序章

第1章 消費者接点として重要性を増す店頭のあり方とこれからのフィールド活動(ラウンダー活動)

第2章 本部商談結果と店頭をどのように連携・連動させるか

第3章 フィールド活動(ラウンダー活動)によって得られる情報の活用方法

第4章 フィールド活動(ラウンダー活動)をさらに強化するために見直すべきポイント

第5章 フィールド活動(ラウンダー活動)の分類と役割

第6章 店頭で競合他社より優位に立つためのフィールド活動(ラウンダー活動)体系の見直し方

第7章 営業担当者とフィールド業務をつなぐ2つのPDCAサイクル

第8章 事例で解説、フィールド活動(ラウンダー活動)のポイントと成果

第9章 フィールドスタッフ(ラウンダースタッフ)の契約形態

第10章 フィールドスタッフのスキルとモチベーション

終章 フィールド活動の今後の方向性