今年登場した鍋は「おでん」がトップ! 簡単調理・作り置き可能で時短調理としても支持 | 株式会社mitoriz | つながりが、人に潤いをもたらす未来へ。

mitoriz

  • TOP
  • NEWS
  • 今年登場した鍋は「お...

NEWS

2017/11/20

今年登場した鍋は「おでん」がトップ! 簡単調理・作り置き可能で時短調理としても支持

報道関係各位 プレスリリース

株式会社mitoriz
2017年11月20日

今年登場した鍋は「おでん」がトップ!
簡単調理・作り置き可能で時短調理としても支持

~「おでんに関するアンケート結果報告」~

調査結果のポイント
・今年食卓に登場した鍋は、「寄せ鍋(40.5%)」や「すき焼き(39.0%)」を抑えて「おでん(59.9%)」がトップ。
・約6割の人が、冬の間に月1回以上「おでん」を食べている。
・おでんは「手作り派」が71.1%であり、「購入派」の25.3%を大きく引き離す結果に。
・おでんを作る際に、「おでんの素(市販)」を利用するのは半数以上であり、銘柄は「エスビー食品 おでんの素」が33.8%でもっとも多く、次に「ハウス食品 おでんの素」が20.5%、「紀文 おでん汁の素」が14.8%と続いた。
・おでんは、体を温める『寒いときの定番料理』ではなく、『忙しいときの時短料理』としても受け入れられ、作るきっかけとしては「店頭で材料が安かったとき(18.4%)」など、おでん用食材の特売なども影響している。

フィールド・クラウドソーシング事業を展開する株式会社mitoriz(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「レシーポ」(https://receipo.com/)および、株式会社クレディセゾンと共同事業で運営する「レシートで貯める」(https://aqfpob.com/)の、「Point of Buy®購買理由データ」(以下POB会員)アンケートモニター(N=4,626 名男女)を対象に、「おでんに関する調査」を2017年11月9日(木)~11月12日(日)にかけて実施しました。その結果をご報告いたします。

今年、食卓に登場した「鍋」をすべてお選びください

■今年食卓に登場した鍋は、「寄せ鍋(40.5%)」や「すき焼き(39.0%)」を抑えて「おでん(59.9%)」がトップに。

家庭で提供される『定番鍋』として、おでんが受け入れられている。

冬の間(11月~2月)の「おでん」を食べる頻度は?

■約6割の人が、冬の間に月1回以上「おでん」を食べている。おでんは冬の定番メニューである。

おでんは「手作りする」or「購入する」どちらが多い?

■71.1%がおでんは「手作り派」で、25.3%の「購入派」に、2.5倍以上の差をつける結果に。

おでんはコンビニでの冬の注力商品であり、手軽に購入することもできるが、家庭で手作りするものとして捉えられている。

「おでん」の出汁はどのように作る?

■おでんを作るときの出汁は、62.6%が「おでんの素(市販)」を使用し、30.3%が「自分で出汁をとる」。

「おでんの素(市販)」を使用して、手軽に調理をする方が多い。

「おでん」の素(市販)で、よく利用するのは?

■使用する「おでん」の素(市販)は、「エスビー食品 おでんの素」が33.8%でもっとも多く、次に「ハウス食品 おでんの素」が20.5%、「紀文 おでん汁の素」が14.8%と続いた。

今回の調査では『かつおとこんぶ』がベースである、おでんの素の需要が高かったが、「シマヤおでんの素(10.1%)」のように、九州地方や西日本では定番であり、プロの料理家や料理好きな方の間では広く知られている『あご(とびうお)』がベースであるおでんの素も愛用する方が増えつつある。

「おでん」にしようと思うのは?「おでん」の利点は?

■おでんは、体を温める『寒いときの定番料理』にはとどまらず『忙しいときの時短料理』としても受け入れられている。

おでんを作るきっかけとしては「店頭で材料が安かったとき(18.4%)」など、おでん用食材の特売なども影響している。

みなさんから寄せられた、「おでん」のおすすめの食べ方・調理法などをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

・アレンジ→2日目は、カレー粉やカレールウを入れてカレーにする。

・好みの食材を入れる→きのこ類などの旬の野菜、彩りににんじんを入れる方も多数。

・作り方→澄んだ出汁を楽しむために、煮立たせない。味を染み込ませるコツは、一度冷ましてからまた加熱すること。

・食べ方→うどんやそうめんを入れてシメを楽しむ。

いかがでしたか?寒さが本番を迎えるこれからの季節に、そして年末年始の忙しい時期にもおすすめの「おでん」。家族や大切な人と囲んで食べてくださいね。

[調査概要]

POBサービス概要

■ サービス詳細参照ページ

「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」

https://www.sbfield.co.jp/multi-idpos

Point of BuyⓇデータベースは、全国の消費者から実際に購入/利用したレシートを収集し、ブランドカテゴリや利用サービス、実際の飲食店利用者ごとのレシート(利用証明として)を通して集計したマルチプルリテール購買データです。

同一個人(シングルソース)から「消費行動」に関わる複数種類のデータを収集しており、ショッパーの行動結果からリアルなショッパーの実態に直接迫り、マーケティング戦略に不可欠なデータを、“より精度を高く” 企業・メーカーに提供します。

集計対象は、消費財カテゴリ68種類 約6,000ブランド、飲食利用カテゴリ10種類約200チェーン(2018年1月現在)。全ての利用証明に購入/利用理由(フリーコメント)がデータ化されています。

mitorizキャストの強み

【株式会社mitoriz 会社概要】

URL : https://www.mitoriz.co.jp/

株式会社mitorizは、ソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6月17日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国の主婦を中心とした登録スタッフ96,111人のネットワークを活用し、北海道から沖縄まで全国のドラッグストアやスーパー、コンビニ、専門店など222,828店舗以上をカバーし、営業支援(ラウンダー)や市場調査(ミステリーショッパー、店頭調査など)を実施しています。当社代表の木名瀬博は、2004年にアサヒビールの社内独立支援制度に応募し、合格第1号事業として独立しました。

本社所在地 :東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル5階
設 立 :2004 年7 月 / 資本金 :151,499,329円
代表取締役社長 :木名瀬 博

木名瀬 博のフィールド虎の巻

【サービスに関するお問い合わせ先】

株式会社mitoriz POB推進部 太田(おおた)
TEL:03-6328-3883  FAX:03-5561-8599
お問い合わせフォーム:https://www.sbfield.co.jp/contact/contact-corporation

【報道関係お問い合わせ先】

株式会社mitoriz 広報担当 石井(いしい)/ 山室(やまむろ)
TEL:03-6328-3883  FAX:03-6328-3631 MAIL: press@mitoriz.co.jp

【転載・引用に関する注意事項】

本レポートの著作権は、株式会社mitorizが保有します。調査レポートの内容の一部を転載・引用される場合には、事前に弊社までご連絡ください。

お問い合わせの際には、以下の内容をお知らせください。
1.転載・引用したい調査レポートとその範囲
2.用途・目的 なお、内容によっては、転載・引用をお断りする場合がございます。
※本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
例:「フィールド・クラウドソーシング事業を展開する株式会社mitorizが実施した調査によると・・・」
※以下の行為は禁止いたします。

・データの一部または全部を改変すること
・本レポートを販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと

※本プレスリリースのPDF版はこちらから>>

当社調査リリースに取材協力していただける企業を募集しています。
くわしくは、press@mitoriz.co.jp よりお気軽にお問合せください。