子どもとのコミュニケーションは夕食時に取られていることが判明!学校や勉強、友人関係などが話題の中心に~母と子のコミュニケーション実態調査~ | 株式会社mitoriz | つながりが、人に潤いをもたらす未来へ。

mitoriz

  • TOP
  • NEWS
  • 子どもとのコミュニケ...

NEWS

2014/5/19

子どもとのコミュニケーションは夕食時に取られていることが判明!学校や勉強、友人関係などが話題の中心に~母と子のコミュニケーション実態調査~

報道関係各位 プレスリリース

株式会社mitoriz
2014年5月26日

子どもとのコミュニケーションは夕食時に取られていることが判明
学校や勉強、友人関係などが話題の中心に 

~母と子のコミュニケーション実態調査~

フィールドマーケティング支援サービスを提供する株式会社mitoriz(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)では、30代~40代の主婦を中心とする当社サービス登録の会員を対象に「子どもとのコミュニケーション」についてのアンケートを2014年4月16日~4月22日に実施しました。有効回答者数は1,098名、そのうちお子さんと同居されている既婚女性798名(平均年齢43歳)を対象に、子どもとのコミュニケーションについて分析しましたので、その結果を報告します。

【調査結果】

(1)子どもと話す話題とシチュエーションについて

(左)図1:普段の話題について【複数回答】(n=798)、(右)図2:会話をするシチュエーション【複数回答】(n=798)
(左)図1:普段の話題について【複数回答】(n=798)、(右)図2:会話をするシチュエーション【複数回答】(n=798)

既婚女性の方にお子さんとの普段の会話の話題について聞いたところ、「保育園・幼稚園・学校の話題や勉強について」が72.6%でトップでした。ついで友人関係が67.0%、ドラマやバラエティなどのテレビ番組が47.2%、映画や本、漫画、音楽についてが36.7%、塾・習い事が35.7%で続きました。

また、コミュニケーションをとるシチュエーションについては夕食時がトップの68.3%、リビングなどでくつろいでいるときが67.9%で2位、3位が寝る前で46.1%、以下朝食時41.0%、バスタイム31.5%と続きました。

お子さんの属性別、話す内容(図3:乳幼児のいる家庭n=235、図4:小学校低学年のお子さんがいる家庭n=212、図5:小学校高学年のお子さんがいる家庭n=195、図6:中学生のお子さんがいる家庭n=201)
お子さんの属性別、話す内容(図3:乳幼児のいる家庭n=235、図4:小学校低学年のお子さんがいる家庭n=212、図5:小学校高学年のお子さんがいる家庭n=195、図6:中学生のお子さんがいる家庭n=201)
お子さんの属性別、話す内容(図7:高校生のお子さんがいる家庭n=161、図8:大学生のお子さんがいる家庭n=104、図9:社会人のお子さんがいる家庭n=126、お子さんの属性は複数選択)
お子さんの属性別、話す内容(図7:高校生のお子さんがいる家庭n=161、図8:大学生のお子さんがいる家庭n=104、図9:社会人のお子さんがいる家庭n=126、お子さんの属性は複数選択)

お子さんとの話題について、お子さんの属性(乳幼児、小学校低学年、小学校高学年、中学生、高校生、大学生、社会人)でわけると、乳幼児のお子さんがいる家庭では、保育園・幼稚園の話題がダントツの86.0%、2番目が友人関係で52.8%、3番目が家族・兄弟のことで33.6%でした。

小学校低学年のお子さんがいる家庭では学校の話題や勉強についてがトップで94.3%、ついで友人関係が80.2%、塾・習い事が51.9%となりました。

小学校高学年のお子さんがいる家庭と、中学生のお子さんがいる家庭では、それぞれ1位が学校の話題や勉強について(小学校高学年85.6%、中学生84.6%)、2位が友人関係(小学校高学年81.5%、中学生82.1%)、3位がテレビ(バラエティ・ドラマなど)(小学校高学年58.5%、中学生58.7%)で似た傾向となりました。

高校生のお子さんがいる家庭では、友人関係がトップになり81.4%、学校の話題や勉強については2番めとなり80.7%、テレビ(バラエティ・ドラマなど)が3番めで61.5%でした。大学生のお子さんがいる家庭でも順位は同じでしたが、友人関係が59.6%、学校の話題や勉強についてが59.6%、テレビ(バラエティ・ドラマなど)が45.2%でそれぞれ回答率が高校生のお子さんがいる家庭に比べて大きく下がりました。

社会人のお子さんがいる家庭では、1位が友人関係で56.3%、2位がテレビ(バラエティ・ドラマなど)で50.8%、3位が趣味で46.0%となりました。

(2)子どもと話す時間について

図10:お子さんの属性別、話す時間(乳幼児のいる家庭n=235、小学校低学年のお子さんがいる家庭n=212、小学校高学年のお子さんがいる家庭n=195、中学生のお子さんがいる家庭n=201、高校生のお子さんがいる家庭n=161、大学生のお子さんがいる家庭n=104、社会人のお子さんがいる家庭n=126、お子さんの属性は複数選択)
図10:お子さんの属性別、話す時間(乳幼児のいる家庭n=235、小学校低学年のお子さんがいる家庭n=212、小学校高学年のお子さんがいる家庭n=195、中学生のお子さんがいる家庭n=201、高校生のお子さんがいる家庭n=161、大学生のお子さんがいる家庭n=104、社会人のお子さんがいる家庭n=126、お子さんの属性は複数選択)

お子さんと1日に話す時間について聞いたところ、高校生以下のお子さんがいる家庭では、1時間以上3時間未満が最も多い結果となりましたが、大学生・社会人のお子さんがいる家庭では30分以上1時間未満が最も多い回答となりました。また年齢・学年が上がるにつれて30分未満の割合も高くなる傾向が見られました。

(3)子どもと話す時に気をつけていることについて

図11:お子さんと話すときに気をつけていること【複数回答】(n=798)
図11:お子さんと話すときに気をつけていること【複数回答】(n=798)

お子さんと話すときに気をつけていることを聞いたところ、1位は「話を最後まで聞く」で52.6%、2位は「出来るかぎり相槌を打って話を聞く」で47.7%、3位は「一緒に考えるようにする」が42.4%というように真摯にお子さんと向き合おうと意識している方が多いことがわかりました。

図12:忙しい時に話かけられた時の対応(n=798)
図12:忙しい時に話かけられた時の対応(n=798)

その一方で、忙しい時に話かけられた時の対応としては「作業をしながら話を聞く」が59.3%でダントツのトップなり、お子さんと向き合いたいものの、忙しい時はどうしても「ながら」コミュニケーションになってしまうお母様方の葛藤が見られる結果となりました。

近年、両親の共働きや塾や習い事により、親子で食事を取る機会が減っており、「個食」といったキーワードが注目を浴びています。しかし、今回の母と子のコミュニケーション実態調査を見るとやはり「夕食時」は子どもと会話する重要な機会の1つであり、親子で食卓を囲んでその日あったことを話すことが親子の関係を良好に保つ秘訣と言えそうです。

【調査実施概要】

対象:当社登録の会員
調査方法:当社リサーチサイト「リサれぽ!」を活用したインターネットリサーチ
調査地域:全国
調査期間:2014年4月16日~4月22日 (7日間)
有効回答者数: 1,098名、(そのうちお子さんと同居されている既婚女性798名を対象に分析)
属性:女性:20代 2%、30代30%、40代49%、50代18%、60代以上1%

mitorizキャストの強み

【株式会社mitoriz 会社概要】

URL : https://www.mitoriz.co.jp/

株式会社mitorizは、ソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6月17日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国の主婦を中心とした登録スタッフ96,111人のネットワークを活用し、北海道から沖縄まで全国のドラッグストアやスーパー、コンビニ、専門店など222,828店舗以上をカバーし、営業支援(ラウンダー)や市場調査(ミステリーショッパー、店頭調査など)を実施しています。当社代表の木名瀬博は、2004年にアサヒビールの社内独立支援制度に応募し、合格第1号事業として独立しました。

本社所在地 :東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル5階
設 立 :2004 年7 月 / 資本金 :151,499,329円
代表取締役社長 :木名瀬 博

木名瀬 博のフィールド虎の巻

【当社にキャスト登録をご希望の方は】

・パソコン用登録URL: https://www.sbfield.co.jp/pc/
・携帯用登録URL: https://www.sbfield.co.jp/m/
会員登録いただくと、当社からお仕事情報を配信いたします。スーパーマーケットやドラッグストアなどの量販店、公共施設や遊戯施設、専門サービスを提供する全国チェーンのお店から飲食店まで、あなたの生活圏がそのままお仕事のフィールドとなります。

【報道関係お問い合わせ先】

株式会社mitoriz 広報担当 石井(いしい)/ 山室(やまむろ)
TEL:03-6328-3883  FAX:03-6328-3631 MAIL: press@mitoriz.co.jp

※本プレスリリースのPDF版はこちらから>>