購入頻度が高いお酒、缶チューハイが第三のビール・発泡酒よりも上回る~「缶チューハイの購入に関する調査報告」~ | 株式会社mitoriz | つながりが、人に潤いをもたらす未来へ。

mitoriz

  • TOP
  • NEWS
  • 購入頻度が高いお酒、...

NEWS

2018/7/11

購入頻度が高いお酒、缶チューハイが第三のビール・発泡酒よりも上回る~「缶チューハイの購入に関する調査報告」~

報道関係各位 プレスリリース

株式会社mitoriz
2018年7月11日

購入頻度が高いお酒、缶チューハイが第三のビール・発泡酒よりも上回る

~缶チューハイの購入に関する調査報告~

調査結果のポイント
・自分でもっともよく購入するお酒のジャンルは、「缶チューハイ(19.9%)」が「ビール(25.2%)」に次いで購入頻度が高い。
・缶チューハイの好みの度数は、「4度~7度」が47.3%でもっとも多く、「8度~9度」が25.1%、「1度~3度」が20.3%と続く。飲用歴「3年~10年以上」になると、以前より発売されていた「4度~7度」の缶チューハイを好む方が約半数を占めるが、ストロング系チューハイや、低アルコールの缶チューハイも受け入れられている。
・缶チューハイの好きなフレーバーは、缶チューハイの好きなフレーバーは、1位が「レモン(53.2%)」、2位が「グレープフルーツ(50.1%)」、3位が「桃(33.7%)」と続き、フルーツ系が人気である。
・POB会員のレシート枚数からみる缶チューハイの売れ筋は、1位が「キリン 氷結」、2位が「サントリー 196℃ストロングゼロ」、3位が「サントリー ほろよい」である。

ビール大手5社発表の2017年ビール系飲料の出荷量は前年比2.6%減の4億407万ケースで13年連続で減っている中、飲みやすく値段が安価な高アルコールの缶チューハイが好調です。これから需要が高まる夏に向けて、フィールド・クラウドソーシング事業を展開する株式会社mitoriz(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」(以下POB)アンケートモニター(n=3627名 男女40代~50代中心)を対象に、「缶チューハイに関する調査」を2018年6月12日(火)~6月13日(水)にかけて実施しましたので、報告いたします。(調査概要は下部に記載)

まずアンケートでは、「普段お酒を自分で購入して飲む」と回答した、男女1983名を対象に、もっともよく購入するお酒のジャンルについて調査をしました。

図表1)自分で最もよく購入するお酒のジャンルは?

もっともよく購入するお酒のジャンルについて、「缶チューハイ」は19.9%(n=395名)で、「ビール」に次いで購入頻度が高く、手頃な価格で購入できる「第三のビール(16.4%)」や「発泡酒(6.5%)」よりも上位となります。

また「缶チューハイもっともよく購入する」と回答した方は、女性の割合が男性よりも高い約6割で、ボリュームゾーンについては、男性が30代~40代、女性が20代~30代でした。

次に、缶チューハイの飲用歴別に、缶チューハイの好みの度数について調査をしました。

図表2)缶チューハイの飲用歴でみる好みの度数

缶チューハイの好みの度数の平均は、「4度~7度」が47.3%でもっとも多く、「8度~9度」が25.1%、「1度~3度」が20.3%と続きます。

缶チューハイの飲用歴別でみると、飲用歴の浅い「~1年未満」の方では、「8度~9度」が平均よりも11.3ポイント高い36.4%となります。要因としては、ストロング系缶チューハイの人気を受け、CMや店頭などでも目にする機会が多く、飲料歴の浅い方による“ストロング系缶チューハイのトライアル購入”が多いことが考えられます。次に、「1年以上~3年未満」の方では、「1度~3度」の低アルコール缶チューハイを選ぶ方が平均よりも16.4ポイント高い34.6%となり、「3年以上~10年以上」の方になると、以前より発売されていた「4度~7度」の缶チューハイを選ぶ方が約半数を占めますが、新しいジャンルであるストロング系チューハイや、低アルコールの缶チューハイも受け入れられていることがわかります。(上図)

スーパーやコンビニの店頭でも迷ってしまうほど様々なフレーバーの缶チューハイが各社から発売されています。次は、人気のフレーバーについて調査をしました。

図表3)缶チューハイで好きなフレーバー

缶チューハイで好きなフレーバーは、1位が「レモン」で53.2%、2位が「グレープフルーツ」の50.1%で、定番人気のフレーバーが半数以上を占める結果となります。3位は、「桃(33.7%)」、4位は「ぶどう(33.2%)」、5位が「オレンジ(28.9%)」と続き、フルーツ系が1位~5位を占めます。

次からは、POB会員の購入レシートから缶チューハイの売れ筋商品を調査します。(調査期間2018年4月~6月)

図表4)POB会員の「缶チューハイ」購入ブランド

まず、POB会員の購入レシート枚数からみる「缶チューハイ」の売れ筋1位は「キリン 氷結」が17.0%で、「フルーツの味が際立っていて美味しい(60代女性)」や「氷結はどれを飲んでも美味しいので、他社製品は手に取らない(50代男性)」など、搾った果実の味と香りを大切につくられたおいしさと、多彩なラインナップで支持を集めました。

2位は、「サントリー -196℃ ストロングゼロ」が15.0%で、「アルコールが強めだが、果汁感もあり飲み応えがある(30代男性)」や「食事と一緒でも、単独でも美味しく飲める缶チューハイ(50代男性)」と、アルコール9%の飲みごたえと、果実を丸ごと使った贅沢な味わいでありながら、甘さ控えめで食事と一緒においしく飲めるという声がありました。

3位は、「サントリー ほろよい」が7.6%となり、「アルコール度数も控えめで、軽く楽しく飲むのに丁度いい(40代女性)」、や「かわいいパッケージと甘くて飲みやすい味が揃っているのでリピートしています(40代女性)」アルコール度数3%の飲みやすさと、かわいいパッケージが女性の支持を集めました。

日本コカ・コーラがアルコール飲料に参入を表明し、先月九州地域限定で、レモン味の缶チューハイ「檸檬堂」が発売され、大きなニュースとなりました。これにより、どう市場が活性化していくか今後の動向が気になります。

[調査概要]

【当社にキャスト登録をご希望の方は】

・パソコン用登録URL: https://www.sbfield.co.jp/pc/
・携帯用登録URL: https://www.sbfield.co.jp/m/
会員登録いただくと、当社からお仕事情報を配信いたします。スーパーマーケットやドラッグストアなどの量販店、公共施設や遊戯施設、専門サービスを提供する全国チェーンのお店から飲食店まで、あなたの生活圏がそのままお仕事のフィールドとなります。

mitorizキャストの強み

【株式会社mitoriz 会社概要】

URL : https://www.mitoriz.co.jp/

株式会社mitorizは、ソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6月17日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国の主婦を中心とした登録スタッフ96,111人のネットワークを活用し、北海道から沖縄まで全国のドラッグストアやスーパー、コンビニ、専門店など222,828店舗以上をカバーし、営業支援(ラウンダー)や市場調査(ミステリーショッパー、店頭調査など)を実施しています。当社代表の木名瀬博は、2004年にアサヒビールの社内独立支援制度に応募し、合格第1号事業として独立しました。

本社所在地 :東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル5階
設 立 :2004 年7 月 / 資本金 :151,499,329円
代表取締役社長 :木名瀬 博

木名瀬 博のフィールド虎の巻

【報道関係お問い合わせ先】

株式会社mitoriz 広報担当 石井(いしい)/ 山室(やまむろ)
TEL:03-6328-3883  FAX:03-6328-3631 MAIL: press@mitoriz.co.jp

【転載・引用に関する注意事項】

本レポートの著作権は、株式会社mitorizが保有します。調査レポートの内容の一部を転載・引用される場合には、事前に弊社までご連絡ください。

お問い合わせの際には、以下の内容をお知らせください。
1.転載・引用したい調査レポートとその範囲
2.用途・目的 なお、内容によっては、転載・引用をお断りする場合がございます。
※本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
例:「フィールド・クラウドソーシング事業を展開する株式会社mitorizが実施した調査によると・・・」
※以下の行為は禁止いたします。

・データの一部または全部を改変すること
・本レポートを販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと

※本プレスリリースのPDF版はこちらから>>

当社調査リリースへの取材は、press@mitoriz.co.jp よりお気軽にお問合せください。