「食の未来構想ラボ(8/10オープン)」においてPOB連載記事がスタートしました。 | 株式会社mitoriz | つながりが、人に潤いをもたらす未来へ。

mitoriz

  • TOP
  • NEWS
  • 「食の未来構想ラボ(...

NEWS

2021/8/13

「食の未来構想ラボ(8/10オープン)」においてPOB連載記事がスタートしました。

食の未来構想ラボ(運営:一般社団法人あしたの食卓研究所)に、弊社連載がスタートしました。

本連載では毎回、52週MDに合わせたテーマや、トレンドを意識したテーマで、POB会員を対象とした調査結果をレポートしていきます。ぜひ、日々の販促活動にお役立てください。

食品業界最前線(弊社連載記事)第1回目テーマ

コロナ禍におけるお弁当作りの実態と冷凍食品の活用・購買行動

食の未来構想ラボ https://www.shoku-lab.jp/

生産、流通、販売、消費。食にかかわる企業や業界団体、個人、みんなで考え、食の未来を研究する場を設けたい。
そんな思いで立ち上げたサイトが、「食の未来構想ラボ」です。
命や健康を守るというミッションに誇りをもつ「食」のプロがたくさんいます。とくに地域に根ざすスーパーマーケットは、その地域の食卓を映し出します。だからこそ経営者も従業員の皆さんも取引先と一緒に勉強し、研究を重ねながら商品を選び知恵と工夫を重ねて売っています。その向こう側にいる食品メーカーも生産者も然りです。
そんな「食」と「命」を守る方々をつないでいくことをコンセプトとしています。

■関連するサービス

POBデータは、全国の消費者から実際に購入/利用したレシートを収集し、ブランドカテゴリや利用サービス、実際の飲食店利用者ごとのレシート(利用証明として)を通して集計したマルチプルリテール購買データです。

 同一個人(シングルソース)から「消費行動」に関わる複数種類のデータを収集しており、ショッパーの行動結果からリアルなショッパーの実態に直接迫り、マーケティング戦略に不可欠なデータを、“より精度を高く”を企業・メーカーに提供します。

 集計対象は、消費財カテゴリ68種類 約6,000ブランド、飲食利用カテゴリ10種類約200チェーン(2018年1月現在)。全ての利用証明に購入/利用理由(フリーコメント)がデータ化されています。

サービスページURL▼

「POBデータ」 https://www.sbfield.co.jp/multi-idpos/

「マストバイ」 https://www.sbfield.co.jp/must-buy/

サービスに関するお問い合わせはこちら>>>