『日用品化粧品新聞(2020年4月13日号)』当社連載「Use’s VOICE Vol.30クレンジングカテゴリ購買理由分析」 | 株式会社mitoriz | つながりが、人に潤いをもたらす未来へ。

mitoriz

  • TOP
  • NEWS
  • 『日用品化粧品新聞(...

NEWS

2020/4/22

『日用品化粧品新聞(2020年4月13日号)』当社連載「Use’s VOICE Vol.30クレンジングカテゴリ購買理由分析」

フォームやオイルだけではなく、手軽に使えるシートや滑らかな使い心地のジェルなど、様々な商品タイプが発売されているクレンジング。VOICE30回は、POB会員が購入した「クレンジングカテゴリ」の購買理由を分析した(調査期間=2019年1月〜2020年2月、レシート枚数3120枚)。

【user’s VOICE】クレンジング市場の今を見る

クレンジングレシートシェアは、1位コーセー「ソフティモ スピーディクレンジングオイル」、2位花王「ビオレ ふくだけコットンうるおいリッチうるっとモイスト」、3位花王「ビオレ メイクも落とせる洗顔料うるうる密着泡」、4位「ちふれ化粧品「ウォッシャブルコールドクリーム」、5位ファンケル「マイルドクレンジングオイル」。「オイル」タイプが4商品を占める結果となった。

ちふれのクリームが差別化で支持獲得

今回は唯一「クリーム」タイプでランクインしたちふれ化粧品の「ウォッシャブルコールドクリーム」の購買コメントを見てみよう。「大容量で値段も安いので気に入っている。容器の口が広いので、詰替作業も苦にならない(30代女性)」や、「詰替用を購入。価格が安い。肌への馴染みがよくつっぱらないため、いつも使っている(40代女性)」といった、300gたっぷり使えて650円(税抜)というコスパの高さと使い心地が、幅広い年代女性から支持を集めた。

また「クレンジングのみならず、マッサージクリームとしても使える(50代女性)」や「マッサージをしながらメイクが落とせるところ(30代女性)」といった、一つで2役の機能への評価も高かった。メイクを浮かせて落とすといった「オイル」中心であった商品から、保湿やマッサージなど新たな機能性を兼ね備えた商品がクレンジング市場の裾野を広げており、今後も更なる進化が期待される 。


(詳細は「日用品化粧品新聞」4月13日号)

▼過去の連載はこちらから▼
◇「User’s VOICE」 VOL.1
ライオン「hadakara」を例に、消費者の購買理由からヒットの理由を分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.2
P&G「アリエール リビングドライジェルボール」を例に、新商品のロイヤリティファンの形成によるヒットの理由を分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.3
ニベア花王「アトリックスハンドミルク」を例に、商品の陳列場所による購入機会の拡大について分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.4
過去4年間(2014年~2017年)における柔軟剤の購買行動について分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.5
ドラッグストアチェーン比較
◇「User’s VOICE」 VOL.6
P&G「パンパース」が長く支持され続けている理由について分析をしています。
◇「User’s VOICE」 VOL.7
ライオン「NONIO」が新規購入者からの支持を集めた理由について分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.8
泡だちの良さで選ばれた牛乳石鹸「バウンシア」について分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.9
クレンジングも時短商材が人気!「花王 ビオレメイク落としふくだけコットン」について分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.10
セブン&アイHD3社のPBとNBの買われ方についてを分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.11
キャットフードの商品タイプから購買理由を分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.12
年齢別・ハミガキ粉の購買理由を分析しています。
◇「User’s VOICE」 VOL.13,14
上場10社のドラッグストアの買い物行動について前編・後編
◇「User’s VOICE」 VOL.15
花王バブを例に入浴剤の購買行動について分析しています。

Point of BuyⓇデータベースは、全国の消費者から実際に購入/利用したレシートを収集し、ブランドカテゴリや利用サービス、実際の飲食店利用者ごとのレシート(利用証明として)を通して集計したマルチプルリテール購買データです。

 同一個人(シングルソース)から「消費行動」に関わる複数種類のデータを収集しており、ショッパーの行動結果からリアルなショッパーの実態に直接迫り、マーケティング戦略に不可欠なデータを、“より精度を高く”を企業・メーカーに提供します。

 集計対象は、消費財カテゴリ68種類 約6,000ブランド、飲食利用カテゴリ10種類約200チェーン(2018年1月現在)。全ての利用証明に購入/利用理由(フリーコメント)がデータ化されています。

くわしくは、こちらのサービスページをご覧ください。