使い捨てカイロで温めるのは手よりも腰!女性の6割が腰に使い捨てカイロを貼っていることが判明 | 株式会社mitoriz | つながりが、人に潤いをもたらす未来へ。

mitoriz

  • TOP
  • NEWS
  • 使い捨てカイロで温め...

NEWS

2013/11/27

使い捨てカイロで温めるのは手よりも腰!女性の6割が腰に使い捨てカイロを貼っていることが判明

報道関係各位 プレスリリース

株式会社mitoriz
(旧:ソフトブレーン・フィールド株式会社)
2013年11月27日

~使い捨てカイロ4300人アンケート~

使い捨てカイロで温めるのは手よりも腰!
女性の6割が腰に使い捨てカイロを貼っていることが判明

フィールドマーケティング支援サービスを提供する株式会社mitoriz(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した「レシートで貯める」のアンケートモニターを対象に使い捨てカイロに関するアンケート調査を行いました。
 寒い日が続くようになり、季節は一気に冬となりましたが、消費者の使い捨てカイロの利用の実態について20代~70代の男女4,346名(女性2,649名、男性1,697名)を対象に2013年10月20日に調査を実施しました。

◆ホッカイロの使用経験率は8割弱
図表1.これまでに使用したことのある使い捨てカイロ(n=4,346)

これまでに使用したことのある使い捨てカイロを聞いたところ、「ホッカイロ」を使ったことがあると答え方が78.6でトップとなりました。次点は「ホカロン」で52.9%、続いて「どんと」24.9%、「桐灰カイロ」21.5%、「オンパックス」17.2%となりました。

◆2人に1人がホッカイロの利用が最も多いと回答
図表2.最も使用したことのある使い捨てカイロ(n=4,346)

アンケートの回答者に、最も使用したことのある使い捨てカイロについて聞いたところ、トップは「ホッカイロ」で50.4%、2位が「ホカロン」で21.3%でした。使ったことのある使い捨てカイロと順位が変わったのが3位以下で、「桐灰カイロ」は4位から3位に、「ぬくっ子」は6位から5位にそれぞれ順位を1つずつ上げました。

◆手・腕よりも腰やお腹にカイロを使う女性が多数
図表3.使い捨てカイロの使用部位【複数回答】(n=4,346)

使い捨てカイロを使う体の場所を聞いたところ、男女ともに腰が1位となりました。意見がわかれたのはお腹で、男性ではお腹よりも手・腕で使用すると答えた方が多かったのに対し、女性ではお腹に使用する方の方が多い結果となりました。

◆世代間でも使用箇所に差
図表4. 使い捨てカイロの使用部位【複数回答】(n=4,346)

使い捨てカイロの使用部位を世代間で分けてみると、男女ともにポイントの高かった腰について、世代が上がるに連れて使用している方が多いことがわかりました。逆に、一般的なイメージである手の中でカイロを温めて使用するという使い方は20代、30代では40%を超えているものの、40代で34.7%、50代では26.5%、60代で18.7%、70代で17.9%と年齢が上がるに連れて下がっていく傾向にありました。
 また男女でポイントの別れたお腹への使用については20代が42.0%、30代が40.7%、40代が34.4%、50代が25.8%、60代が24.7%、70代が32.1%となっており、各世代で満遍なく使われている様子がうかがえました。

一方、使い捨てカイロ以外で、冬の外出時の寒さ対策として行っていることを聞いたところ、「インナーに保湿機能のある生地でできたものを着用する」(54歳男性・未婚)、「機能性素材を使用した衣類を着たり、手袋、マフラーなどを使用する」(43歳女性・既婚)、「遠赤外線効果のある衣服を着る」といったような、近年流行している機能性衣料を活用していると答えた方が多数を占めました。

その他、「「首」がつく体の部位を温めるようにしている。首ならマフラー等、手首なら丈の長い手袋。足はタイツやブーツを使っています」(43歳女性・既婚)、「3つの首(首、手首、足首)を露出させない」(48歳男性・未婚)といった寒気が服の中に入るのを防ぐ対策を取られている方や、「タイツをズボンの下に履き、腹巻きをするなどの対策をして出かけています」(30歳男性・未婚)、「マフラーと防寒帽をかぶるようにしています。できるだけ厚着をして寒さをしのいでいます」(54歳男性・未婚)というように重ね着をすることで寒さを防ぐ方も少なくありませんでした。

図表5.外出時に行う寒さ対策【一部抜粋】

【調査実施概要】
対象:クレディセゾン社との共同事業「レシートで貯める」の10代~80代の会員
調査方法:当社「レシートで貯める」サイトを活用したインターネットリサーチ
調査地域:全国
調査日:2013年10月20日
有効回答者数:4,346名
属性:[女性] 20代以下 3%、30代 18%、40代 24%、50代 12%、60代 3%、70代以上 1%
[男性] 20代以下 1%、30代 7%、40代 16%、50代 11%、60代 4%、70代以上 1%

【サービス概要】
■サービス名
購買理由データ提供サービス
■クレディセゾン「永久不滅.com」サイト上のサービス名
『レシートで貯める』
■購買理由収集対象者
800万人のクレディセゾンのネット会員の内、当サービス登録会員
■購買理由収集の方法
・指定カテゴリー(約50カテゴリー)の商品を実際に購入した会員が、その購買理由をレシート画像と共に報告
・登録会員に、対価としてクレディセゾンが運営するポイントサイト「永久不滅.com」にてポイントを付与
■購買理由データの販売先
消費財メーカー
■購買理由データの提供方法
契約企業に専用WEBサイトを通してデータを提供
■当事業の特長
・日本初のレシートによる購買証明付き購買理由データ
・800万人のクレディセゾンのネット会員を基盤とした購買理由情報
週次POSデータとの連動分析を可能とする週次購買理由データ
■サービス詳細参照ページ
https://www.sbfield.co.jp/multi-idpos/

【株式会社mitoriz 会社概要】 
 株式会社mitorizは、ソフトブレーン株式会社(市場名:東証1 部・4779、本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6 月17 日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国の主婦を中心とした登録スタッフ約47,000 名のネットワークを活用し、北海道から沖縄まで全国のドラッグストアやスーパー、コンビニ、専門店など100,000店舗以上をカバーし、営業支援(ラウンダー)や市場調査(ミステリーショッパー、店頭調査など)を実施しています。
 当社代表の木名瀬博は、2004年にアサヒビールの社内独立支援制度に応募し、合格第1号事業として独立しました。

本社所在地 :東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル5階
設 立 :2004 年7 月
資本金 :151,499,329円
代表取締役社長 :木名瀬 博
URL : https://mitoriz.co.jp/

【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社mitoriz
DMB本部 山室(やまむろ)
TEL:03-6328-3883 FAX:03-6328-3631
お問い合わせフォーム: https://www.sbfield.co.jp/contact/

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社mitoriz 
コーポレート本部 経営戦略部 江島(えじま)/飯坂(いいさか)
TEL:03-6328-3638 FAX:03-6328-3631
MAIL: press@mitoriz.co.jp

【転載・引用に関する注意事項】

本レポートの著作権は、株式会社mitorizが保有します。調査レポートの内容の一部を転載・引用される場合には、事前に弊社までご連絡ください。

お問い合わせの際には、以下の内容をお知らせください。
1.転載・引用したい調査レポートとその範囲
2.用途・目的 なお、内容によっては、転載・引用をお断りする場合がございます。
※本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
例:「フィールド・クラウドソーシング事業を展開する株式会社mitorizが実施した調査によると・・・」
※以下の行為は禁止いたします。

・データの一部または全部を改変すること
・本レポートを販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと

※本プレスリリースのPDF版はこちらから>>使い捨てカイロ調査1127

当社調査リリースへの取材は、press@mitoriz.co.jp よりお気軽にお問合せください。